最も怖いインフルエンザについて

インフルエンザは風邪ではない!

インフルエンザ・・・ともすれば、私たちの命さえ脅かすことがある、とても恐ろしい「病気」です。

しかし、インフルエンザに対して戦々兢々としている私たちを尻目に、「インフルエンザって、風邪だろ?」と簡単に見過ごしてしまおうとする人も少なくないのも事実です。

確かに、インフルエンザの症状という意味では、風邪に近いものがあります。

かなりひどい風邪の症状がインフルエンザのそれとそっくりであるという印象も確かにあります。

しかし、インフルエンザと風邪の両者の間には、大きな溝があるのです。

それは、インフルエンザが「ウイルス性の病気」であるのに対し、風邪は「細菌が感染することで発症する病気」であるという点です。

ですから、似ているようでその実「まったく別の病気」であるといえるのです。

ところが、それでも「ウイルスも細菌も、結局のところ同じことではないか・・・」という人がいますが、ウイルスと細菌はまったくの別物、これが同じであるとするならば、そこには疫学などあってないようなものになってしまうのです。

それを証拠に、インフルエンザが流行しやすいのが、12月~3月という寒い時期であるのに対し、風邪に関しては、「夏風邪」などと呼ばれる症状があることからもわかるように、時期を問わずに発症します。

しかし近年、インフルエンザも春の終わりから夏にかけて流行することがあります。

だからますます風邪に近づいているように感じるかもしれません。

ところが、これも実はウイルスが「生物」であるという根拠になっているのです。

というのも、人間はインフルエンザウイルスを撲滅させようと働きかけるのは当然のことですが、そうなってくると、今度はウイルスが「変異」することによって生き残りをはかるのです。

インフルエンザ流行の時期が多様になってきているというのも、もしかしたらそのあたりに原因があるのかもしれません。

インフルエンザを撃退する方法

インフルエンザはウイルス性の疾患ですから、免疫力を高めることで、ある程度防御することが可能であると考えられています。

まあこれは、一般的な風邪やその他の病気に関してもまったく同じことがいえるのですがインフルエンザの場合特にこのことがいえることになります。

免疫力を高めるというと、ちょっと難しいイメージがあるかもしれませんが、インフルエンザの予防接種は、まさにその免疫力を高めるための最大の作戦であると考えて問題ないでしょう。

つまり、もとから身体の中にインフルエンザウイルスを放り込んでおいて、外からインフルエンザウイルスが入り込んできたとしても、白血球に大騒動を起こさせないというからくりであると考えるとわかりやすいと思います。

これが一種の免疫力になっているのです。

では、そのほかにはどんな方法があるかということについて考えていきましょう。

まあおそらくみなさんは、時期になれば実行しているとは思いますが、インフルエンザ撃退の基本となるのが、「うがい」と「手洗い」です。

会社にいる間よりも、通勤と帰宅の電車の中のほうが感染の可能性が高いので、行きに会社についたらすぐにうがいと手洗いをし、また、休憩中にもうがい、手洗い、そして、帰宅してすぐにうがいと手洗いをすれば、かなりガードできる可能性が高まります。

そして、やはりマスクをするだけでも大きな違いがありますので、マスクの着用もうがいと手洗いとパラレルで行うこともおすすめします。

また、今度は自分へのガードではなく、部屋にいるときの環境に関する注意です。

インフルエンザウイルスが住みにくい環境をつくることで、感染のリスクはさらに低減させることができるわけです。

ということで、ウイルスが好む環境について知っておく必要があります。

時期を考えればわかると思いますが、インフルエンザウイルスは、低温を好みます。

そして、冬の時期といえばもちろん乾燥していますが、乾燥もインフルエンザウイルスが好む環境になります。

部屋はあまりにも寒くなりすぎないように適温をキープすること、そして、加湿器などで適度な湿気があることが、インフルエンザ撃退の大きなヒントになると思われます。

まずは治療からはじめましょう!

性病薬はクラミジアに効く「クラビット」やヘルペスに効果のある「ゾビラックス」など用途に応じてお使い頂けます。