鳥インフルエンザへの感染について

近年、人から人へ感染する鳥インフルエンザがもし流行したら…

そんなテーマがネットなどでも話題になることが多くなりました。

鳥インフルエンザは通常のインフルエンザと違って、致死率が高い、そんなイメージもあって、鳥インフルエンザの流行を危惧する人は増えてきています。

ですが、今のところ、人から人への感染は今のところ可能性は極めて低いと考えられています。

ただ、インフルエンザの場合、常に変異することもあり、今後、人から人に直接感染するウィルスの流行の可能性が全くないとは言いきれません。

ですから、人々の鳥インフルエンザに対する恐怖心は強まる一方なのです。

また、インフルエンザウィルスの場合、型がすぐに代わってしまうため、効果のあるワクチンを作りづらいという問題点もあります。

鳥インフルエンザと言っても、A型インフルエンザウィルスの感染によって起こり、致死率の高いものを高病原性鳥インフルエンザと言い、H5、H7型等が該当します、

これまで人へ感染した例の場合は、鳥インフルエンザに感染した鳥と近距離で人が接触した場合、また、鳥の内臓や排泄物に接触した場合に感染したと考えられており、鳥インフルエンザに感染した鳥を食べたことによって感染した例は見つかっていないようです。

鳥インフルエンザに感染した場合、結膜炎や呼吸器症状が見られますが、症状が悪化すると多臓器不全などを起こし、死に至る場合もあります。

そのような病気に対する危惧から、年々、鳥インフルエンザに対する恐怖心が人々の間で増大していっているのです。

鳥インフルエンザに関するQ&A

バストに効果のあるサプリメント